”そば”って共通点だけで高嶺の花だった憧れの人と仲良くなれた

こんにちは!えのきです。
 
 
今回は、なかなか打ち解けられない人とでも共通点を見つけただけで親近感が湧いてコミュニケーションがめちゃめちゃはかどった話をしていきたいと思います。
 
 
これは、私のあるバイト先での出来事なんですが、、、、
 
 
この経験で、共通点があるだけで親近感が湧いて距離が近づくことにとてつもない威力を感じました。
 
正直、それまでは共通点があるだけで仲良くなれたら苦労しないよとか思ってたので…
 
この出来事をきっかけに新しく出会う人と仲良くなれる可能性も増えたなと。
ワクワクが止まりませんでした。
 
しかも人と仲良くなることができるようになってから、人に会うのが楽しくなったし何よりお話をすることが嬉しくなってしょうがないです。
 
 
 
で、早速話をしていきたいと思いますが今回のお話は私のアルバイト先でのお話です。
 
 
 
私はホテルのレストランでアルバイトしています。
 
実はレストランの勤務年数は、とても長くてアルバイトの中でも上の方にいるんですけど、、、、
 
勤務当初から憧れの女性社員のKさんがいました。
 
 
Kさんは30台後半(?)くらいの背がすらりとして落ち着いた雰囲気で、いつも笑顔で社交的な感じの人です。
 
でも私には、高嶺の花のような存在でした。
 
とにかく挨拶だけで精一杯。
 
おはようございますって言うだけなのに、緊張で声が上擦るしなかなか話しかけられなかった程です。
 
 
でも、当時の私はそれくらいKさんに話しかけることに臆病になっていたし、私なんかと話してもなあ、、、なんて思ったりしてしまってたんですね。
 
 
 
話をしてみたいけどなかなか声がかけられない。
 
もどかしい気持ちをやりくりしながら毎日を過ごして気づけば1年以上経っていました。
 
 
 
 
 
そんなある日、いつものように出勤しました。
 
で、その日もいつも通り緊張しながらKさんには挨拶しました。(笑)
全然慣れないんですよね。
 
そのあとは普通に仕事して休憩時間になって、ホッと一息なんてつもりだったんですが、、、、
 
 
なんと、その日はKさんと休憩時間が一緒でした。
 
 
1年以上働いて休憩時間なんて被ったことなかったので近くにいることに嬉しさもありながら、戸惑いました。
 
 
(心の声)
Kさんが近くにいる…
話しかけたいなあ…
 
でもなあ…
うーんうーん……
 
 
 
 
そわそわしながら、
Kさんの方を見ていると
 
 
なんと!
 
Kさんの方から声をかけてくれました。
 
 
 
 
Kさん「ねえねえ、えのきさん!実は聞きたいことがあったんだけど、、」
 
私「あっ、はい!なんでしょう、、、?」
 
 
な、な、ぬあっ、、、、?!
 
 
こ、声かけられターーーー!!
な、なんだ?何聞かれるんだ????
 
 
 
もう心臓ばくばく…
心中は穏やかじゃなかったです。
 
心の準備とかできてないし、いきなりだし、わああああ!
ってパニクってました。
 
 
そんな私の心は見抜かれず、
会話は進み聞かれたことは思いもよらないことでした。
 
 
Kさん「えのきさんはさ、お蕎麦屋さんでバイトしてるの…?」
 
 私(ん、、、、?)
 
この時、私は驚きすぎてたのでとっさには返事ができませんでした。笑
 
だってあんなに憧れたKさんから声をかけてもらてるんですから!!!
 
 
しかも名前覚えてくれてるし!
嬉しいなあ…
 
しばらく感動でポカーンとしてしまって、、、
 
 
 
ハッ!返事をしないと!
 
 
と気を取り直して返事をしました。(笑)
 
 
 
私「はい!お蕎麦屋さんでもアルバイトしてますよ!」
 
 
そしてさらに
 
私「もしかして、Kさん。お蕎麦お好きなんですか?」
 
 
会話している時も、めっちゃ緊張してて笑
平然を装うのに必死だったんですけど、こんな機会逃すわけにはいかないわあああ!!!と必死でなんとか声を振り絞って話を続けてました。
 
 
すると、
 
Kさん「そう!私、蕎麦がほんとに好きだからさ!えのきさんがお蕎麦屋さんでバイトしているって聞いてお話してみたかったの~!」
 
 
マジかああ!?
嬉しい!嬉しすぎる!
 
テンション上がりまくり。
 
 
蕎麦屋でバイトしててよかったああ!
 
なんて心のなかで思っていましたね。
 
 
 
 
そこからは、バイト先のお蕎麦さんのお話とかどんな蕎麦が好きかとか今気に入っている美味しいお蕎麦屋さんのお話とかめちゃめちゃいっぱいお話できました。
 
私はホテルのアルバイトと同時に蕎麦屋でのアルバイトをかけもちしていてよくホテルのバイト仲間と喋っていました。
 
 
Kさんはそんな会話をちらっと小耳に挟んで、気になったので聞いてみたかったのよと教えてくれました。
 
 
休憩時間は30分なんですが、あっという間に過ぎてしまいました。
 
 
休憩が終わる頃には、Kさんとも話が弾み
 
 
Kさん
「えのきさんって面白いね!今度またお話よう。これ、連絡先!」
 
といってなんと憧れのKさんと連絡先を交換してしまいました…
 
 
 
※※※※※※
 
 
連絡先まで交換するとか何事だ!!!
 
いやー何が起こるか分からんです。。。
 
 
 
だって、蕎麦屋でアルバイトしてなかったら蕎麦の話題なんてしないだろうしこんなに話すこともできなかったわけですよ。
 
ずっと憧れで緊張して挨拶して、、なんてことを繰り返すわけです。
 
 
そうなると共通点があるだけでこんなに変わるなんて共感得られるってめちゃめちゃ大事だなあと実感しました。
 
 
やっぱり、共通点があるだけで話が弾むので距離がぐっと縮まります。
 
 
 
でも実は、以前から共通点があると親近感がわくって聞いたことはあったし、そういう本も出ていたのも知ってました。
 
じゃあなんで、今回こんなに驚いているかというと、正直あんまり信用はしていなかったからです。
 
そんなこと言ってもどうせ効果なさそう、、
共通点があるだけで仲良くなったら苦労しないわ、、
 
とか完全に否定しまくってやろうとはしていなかったんです。
 
 
 
でも、実際の威力は半端なかった。
 
アアーーーーーーーー!
最強すぎました。
 
 
 
だって、挨拶程度の関係だったKさんとお喋りして連絡先まで交換して…
 
 
 
「蕎麦」という共通点だけでこんなに話が盛り上がるなんて驚きでした。
 
しかも、いまでは挨拶だけじゃなくて、
プライベートまでご一緒できる機会も増えました。関係性が180度も変わりました。
 
 
いやー、、、
 
あのとき、Kさんに声をかけられたとき
 
お蕎麦好きなんですか?
 
って勇気出して会話を続けられてよかったと思います。
 
 
そして何より、蕎麦屋のアルバイト辛かったけどやっててよかったとこのときばかりは思いました。(笑)
 
 
 
 
 
 
 
という事で、今回は蕎麦って共通点だけで高嶺の花だった憧れの人と仲良くなれたお話でした。
 
 
 
 
ありがとうございました。