「パブロとブルーノ」の物語の動画から経営者思考を学んできた。

こんにちは、えのきです。
 
 
今回はおもしろい動画を教えてもらって、
そこから経営者思考というものを学べたのでシェアしていきます。
 
 
ちなみに、この経営者思考はネットビジネスをやってどんどん結果を出している人は当たり前に考えていることなんです。
 
つまりこれはお金持ちになるための思考とも言えます。
 
 
「今までの考え方をかえるだけ」でもこれから先の道のりは変わって来ます。
 
なので、ぜひ経営者の思考をこの機に頭に叩き込んで進む道のりを変えていってください^^
 
 
 
ちなみに動画はこれです。
 
 
 
「パブロとブルーノ」というお話です。
動画自体は長くないので見てみることをお勧めします^^
 
 
で、内容をちょっと軽く話していきますね。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜
 
 
まず、パブロとブルーノという成功者を夢見る二人の青年がいました。
 
 
そして、あるとき水不足で困っている村が泉から村へ水を運ぶ作業を募集してたんです。
それを見た二人は水を運べば運ぶほど稼げるということで、迷わず応募して仕事をすることになります。
 
もちろん初めは順調にお金も増えていきました。
運んだ水の量に応じて賃金をもらいお金を手に入れていました。
 
ブルーノはこの給料に満足していました。
さらに、ガタイもよく、もっと大きなバケツを使えばたくさん稼げると、バケツを大きくして水を運び続けていたんですね。
 
 
 
でも、やっぱり水を運ぶのはハードワークな訳でして、、、
 
パブロは体力もあまりなく体に負担がかかるということで、何か楽して水を運べないかということを考えていました。
 
 
 
 
そして思いついたのが、
 
「パイプラインを作って自動的に水を送る仕組みをつくること」
 
 
アイデアを思いついたパブロは、
早速ブルーノに提案します。
 
ですが、力持ちのブルーノは拒否しました。
 
というのも、パイプラインは作るのに1年以上はかかってしまうし、大変な作業です。
しかも、パイプラインを作っている間は収入も減りますから。
 
ブルーノは、今できる水運びの作業を続けることが、お金を手に入れる一番の方法だと思っていたのです。
 
 
 
その後、二人は別行動をとっていきます。
パブロは、パイプラインを作り始めますがなかなか先に進まず周りからもバカにされてしまいます。それでも、パブロはパイプラインを完成させるために作業を続けました。
 
 
一方で、ブルーノは今までよりも大きなバケツに変えて水を運び続け着実にお金を増やして欲しいものを手に入れていきました。順風満帆に物事が進んでいるようにみえました。
 
 
 
ですが、この話はここで終わりません。
 
 
この後どうなったかというと、、、
 
 
 
着目すべき点は、この対照的な2人が何を提供してお金を得ようとしたかというところです。
 
パブロは働かなくても自動的に水が届く工夫をして村人に価値を届けようとしました。
 
そして、ブルーノはというと毎日汗を流して働き続け自分の時間と体力を時間を切り売りしました。
 
 
体力や時間には限りがありますが、価値には限界はありません。
 
そして、
同じようにもらえるお金も限りがありますが、もう片方はぶっちゃけ無限です。
 
価値は与え続けるということが可能なんですよ。
 
 
 
よく、「一生懸命働いてその対価としてお金をもらうことが素晴らしい」という「働かずにお金をもらおう(不労所得)なんて馬鹿げている」といった価値観があります。
 
 
もちろん、それが好きなことであればいいと思いますし
 
「大変だけどやりがいがある!」
「忙しいけど自分にはこの仕事があっている!」
 
なんて思っている人のことを否定するつもりはないです。そういうのも素晴らしいなって思います。そういう方がいなければ、私たちはサービスを受けられなくなりますしね(^^;
 
 
ですが私は、、、
自動的にたくさんの人に価値を届ける仕組みを作ることも素晴らしいことだと思っています。
 
自分の作った仕組みで実際に多くの人が喜んでくれる。
 
「この商品に出会えてよかった!」と思ってくれる
「読むの楽しくて息抜きになります!」と伝えてくれる
 
 
そういう環境を悪いとは思えません。
 
いいものが広まってたくさんの人が喜ぶ、生活がちょっぴり豊かに感じられる。
素敵なことだと思うんです。
 
 
 
 
ただ、昔からの価値観に縛られている偏見の強い人もやっぱり多いなと大学の友人と話していても思います。あとは親戚とかにもたまに言われますね。
 
「毎日会社で働いて当たり前」とか
「会社に入った方が安定している」とか
 
 
まあ、価値観をどう捉えていくかは各々の自由でもあるので別にいいんですけどね。
 
どちらを選ぶかは自由です(*^^*)
 
 
 
というわけで、今日は経営者と労働者についてのお話でした!
 
 
 
順風満帆に見えて、でも実は自分の残りの人生をすり減らしていったブルーノ
 
一見バカバカしく見えて、実は人生の選択肢を大きく増やそうとしたパブロ
 
 
労働者の思考と経営者の思考がわかりやすく見事に対比されてる作品なので、たとえ結末がわかってたとしても一回は見てみることをおすすめします!
 
あ、動画見た感想とか「自分はこんなこと思いましたよ」とか感じたこととかもよかったら教えてくださいね!^^
 
 
ありがとうございました!