女に告白された彼氏に嫉妬したら「相手を振ったことを後悔しないくらい美人になってよ」と言われたので、悔しくて行動しまくった結果

 
こんにちは、えのきです。
 
 
今回は、
女子力になど全く興味のなかった私が
運よく付き合うことができた彼氏に
 
「相手を振ったことを後悔しないくらい美人になってよ」と言われ
目の前が真っ暗になりショックで1日泣き明かした時の話です。笑
 
浮気寸前のような状態が発覚し
ただでさえ泣きたかったのに
さらに追い討ちをかけるような言葉…
 
私の心はえぐられたように
血まみれでした…
 
しかし、この言葉のおかげで
*恋愛についてどれほど無知だったのか
*「女性として」いきてこなかったか
*相手のことを考えられていなかったか
ということに気がつくきっかけとなりました。
 
 
そして、
メイク・ファッションを勉強し
普段着る服を女友達・デート・男友達
といったように使い分けたりということまでするようになりました。
 
さらに、言葉遣いや振る舞いについても
学ぶことで男性への接し方を改めて見つめ直しました。
 
恋愛経験値が限りなく0に近い私にとって
学ぶことすべてが新しいことばかりでしたが
恋愛心理学の本とか読んだときは目が点になりました。
 
 
え、これは女なのか?
別の生き物なのでは…?
 
 
信じられられない世界が広がっていました。
 
同じ女子とは思えない行動に
もはや人種が違うんじゃないかと疑っていました。
 
でも、
同時に新しい世界への恐怖とともに興味もわきました。
 
私の周りにいた友達が楽しんでいた
ショッピングや可愛いメイク
異性に話しかける言葉、ドキドキが止まらないメールのやり取りは
私にとってはすべてが初めてだったので緊張の連続。
 
全部必死にこなしていきました。
 
 
今は積み重ねてきた行動と学びのおかげで
恋愛も楽しくなったし
自分を前ほど卑下しなくなりました。
 
そして少し自分に自信を持って
人と接することができるようになったんです。
 
 
なので、
誰でも行動と実践をしていけば結果が出る
 
ということを
今回の私の物語を通して
知っていただけたら嬉しいです。
 

恋愛偏差値0の女が奇跡的に付き合っていた彼氏に言われた一言

 
大学二年生の頃、彼氏ができた。
 
嬉しかった。
毎日しゃべっていると本当に楽しくて
胸がウキウキする感覚
 
毎日彼のことを考えている
そんな状態だった。
 
ただ、一つ私を悩ませたのは
「遠距離恋愛」だったということ。
 
気軽に会える距離ではなくて
私は彼が誰かに取られてしまうんじゃないか?
と気が気でなかった。
 
連絡がこないと不安になるし、
女友達と出かけるなんて連絡をもらった日には
家の布団をサンドバックにして
なんとか怒りを抑えていたくらいに嫉妬した。
 
ただ、恋愛経験0であり
そこまでおしゃれにも興味がなく
好きなのはアニメとか漫画くらい
 
しかもかなりのオタクで
私は腐女子と呼ばれる
同性恋愛の物語が大好きな人間だった。
 
そんな趣味を言い訳にして
女子力というキラキラしたものから
逃げて逃げて逃げまくっていた。
しなくていいと言い訳を探していた。
 
今書いていても
結構やばいやつで
自分の環境を言い訳にして
どうしようもなかったな…と思う。
 
服はジャージとかを普通に
友達とショッピングに行く時も
普通に着ていたし
 
デートの時も
服装は愚か振る舞いがかなりガサツだった。
 
メイクもそんなにしないから
すっぴんと同じようなものだし
それでもなんだかんだ付き合うことはできていたからそれでもいいと思っていた。
 
ありのままの私を好きでいてくれる
そう勘違いをしていた。 
 
そんな状態で付き合っていたので
自分は全く何もしないにもかかわらず
 
彼氏には
 
「連絡して」
「なんで女の人と出かけるの?」
 
とメンヘラ並みの勢いで牙を向いていた。
 
遠距離なんだからもっと時間とってよ!!
 
そんな気持ちをぶつけることは
日常茶飯事だった。
 
 
当然、うまく行くはずもなくて
だんだん喧嘩が増えて
連絡が取りにくくなった。
 
 
そこで事件は起きた。
 
 
彼氏が女に告白された。
 
しかも彼はそれを伝えて来た。
嬉しそうに。
 
どうやら二人で飲みに出かけた時に声をかけられたそう。
 
なんで彼氏から
嬉しそうな報告をしなきゃならんのだ!!!!
それは浮気というのではないか!?
 
このときばかりは、
普段のキャラが変わるくらい
鬼のように怒った。
 
でも、なんだかんだ話し合いを重ねて
彼氏はその告白をおことわりしてくれた。
 
 
が!!!
 
 
その後に言い放った言葉に
私はとんでもなくショックを受けた……
 
 
振ったこと後悔しないくらい美人になって。
付き合っててよかったなって思わせて欲しい。
 
 
 
 
……………………………………………………は?
 
「私のこと好きだから別れなかったよ」じゃないのか?
 
 
振ってよかったと思わせて欲しいとか
なぜそんなに上から目線なんだ、、、
 
付き合っててよかったなって思わせるって
今は思ってないの?
 
色々思いが溢れてきて
言葉が出なくなった。
通話越しの声が
だんだんと遠のいた。
 
気づけば話途中だった電話を
切ってしまっていた。
 
ショックだった。
 
今の自分の全てが否定されている気分だった。
いや、そりゃあさ。
 
知ってたけど。
メイクとかおしゃれとか興味ないし
面倒だけど。
 
 
でもそれでもいいから付き合ってくれたんじゃないの?
今の私がいいって思って付き合ったんじゃないの?
 
 
結局、女って見た目で判断されるんだ…
 
もう何も考えられなかった。
 

私は「女」であると気がついたのだ。

 
 
その日はもう何も考えられなくなって

すぐに寝た。

泣き崩れるように寝たからか
次の日は目がパンパンで
大学のクラスメイトに

「殴られたの?」と心配されるレベルに顔がおかしかったらしい。

 

しかし、次第に日にちが経っていくと

気持ちの整理がついてきて
気分は前よりもよくなった。
 
というのも
「自分のことしか考えてなかったな」
ということに気がつき始めていた。
 
私は衝撃のお願いを受けたあの日、
ついショックでそこの言葉しか頭になかったが
落ち着いて彼の言葉をもう一度思い出していた。
 
 
ーーーーーーーー
知的で、でもどこか可愛げがあって
そんなところが素敵な子。
 
一緒にいて、
俺も頑張らないとなって思わせられるんだよね…
 
いろんなお化粧して、
ファッションを楽しんで、
言葉遣いだったり仕草だったり…
自分を魅せる努力をしている人をみるとやっぱり嬉しいし悪い気はしない。
 
ーーーーーーーー
 
私は、反省した。
今考えるとかなり彼女にいうセリフとしては
アウトなような気もするけど
それでも当時の私は
 
「確かに私も男だったらこんなだらしないオタクなんかよりも
頑張り屋で可愛い女の子と付き合いたいって思うなあ…」
 
申し訳なかったなあ…と思った。
 
そして、その気持ちを自覚した瞬間
今までモヤモヤしていたどうしようもない感情とドロドロした掃き溜めのような怒りの気持ちが嘘のように晴れやかな気持ちになった。
 
 
恋愛経験なんて0だった私の無知さ加減
どうしたらいいか全くわからないまま
自分がどうしたらいいのかさえわからず
自分勝手に振舞って自己満足に浸っていただけだった過去
 
 
そりゃそうだ、言われて当然だ。
 
 
そして、初めて相手の立場になって
物事を考えるようになった。
 
そうだ、
男は女に何を求めているんだろう?
彼氏は私となんで付き合っているんだろう?
何をしたら喜んでくれるんだろう?
 
 
うーん…
考えたことなかったな。
わからない…
 
オタクを言い訳にして
自分はこれでいいんだと逃げ道を作り
気づけば後ろ指を指されることを怯える卑屈なやつになっていた。
 
でも、よく考えたら
男から見たら綺麗な女も可愛い女も卑屈な女も
同じ「女」という対象で見られる。
 
 
 
私も女なんだ。
 
 
じゃあ、今回は良かったけど
またいい女が現れたら
その女より私がいいと思わせないとダメなんだよな…?
 
ただでさえ遠距離なのに
いまの現状って… 
 
相当やばいのでは…?
 
 
急に背筋が凍った。
 
私はいたたまれなくなって
その足で本屋に向かった。
 
向かった先は
女の魅力を上げるための
ダイエット・メイク・ファッションといった恋愛に欠かせない要素である本たちがいるコーナーだった。
 
 
こんなにもたくさんあるのね…
 
普段、男同士の恋愛もの小説とか漫画ばかり読んでたから
こんな溢れるくらい女になるための読み物があるなんて驚きだ…
 
違う世界にいるみたい…
 
他にも恋愛心理学の本とかがあったので
試しに買ってみた。
 
少しでも彼氏にいい女と思われなければ
こんなに好きなのに捨てられてしまう!
 
とその時はもう必死で
様々な女を上げるための
修行をした。
 
すると自分の人生が
思わぬいい方向に向かっていった。
 
 

恋愛も友情も人間関係も、なんだかいい方向に向かっていた。

次、彼に会うときまでには

なんとしてでも、

綺麗になったね。とか可愛いねとか何かしら言われたい!

 

そんな若々しい目標を持って
私はひたすらメイクを学び
男がどうしたら喜ぶのかというような
心理学を学んだり
恋愛本を読んで実践に移すということをしていました。

たくさん本を読んで
多くの恋愛経験者の声に励まされたのは事実です。

実際にテクニック的な要素も
本や動画、ブログなどで読み漁り
私は行動しまくりました。

言葉遣いはかなり意識するようになって
乱暴な言葉は使わず
可愛らしく声を抑えて喋るようにした。

「こんなのまじありえなーい!すごー!」
とか平気で彼氏にいってたので
「〇〇ってすごいね!びっくりした…」

かなり言葉を意識して
話をするようになった。

勉強しまくったことで
以前の論外なクズ女からは脱却した。

言葉遣い
メイク
ファッション
料理
身だしなみ
ダイエット
etc.  

基礎を身につけ
いい女になるために必死にやった。

そんなことを頑張っていたら
次第に友達に声をかけられる回数が増えた

 
しかも、前までは話もしなかった
男まで話しかけてくれるようになった。

なんだこれは…

まるで扱いが違う…
 
自分が何か別の生き物になった気分だった。
 
しかも少し自信にもなったのか
心に余裕ができて
彼に対して優しくなれた。

喧嘩もどんどん減った。
通話越しに聞こえる声が
優しくなっているような気がしたし
大切にされていると実感できるようになった。

 
かなり幸せメーターが
溜まっていった。
 
 
女を磨くことを続けて
5ヶ月間たったとき彼と久々の再会をした。
 
めっちゃ緊張した。
待ち合わせ場所に30分も早く着いてしまうくらいには楽しみにしていた。
 
 
そうしたら、
 
「なんか、綺麗になったよね。」
 
と言われ歓喜の時。
 
 
き、綺麗だってーーーーー!!!!
 
だけど内心超喜んでいたところに
さらに追い討ちをかけるように
 
 
「なんか今日の服、すごくよく似合ってるね。好きだな」
 
と今まで一度も言われたことがない
言葉をかけてくれた。
 
 
 
心臓死にそう。。。。夢かしら。。。
 
 
「嬉しい、ありがとう♡」と
平然を装いつつ答えたけど
内心は穏やかじゃなかった。
 
でもやっぱり
頑張った成果が出て素直に嬉しくて
こっそり握っていた手をいつもより強く握っていた。
 
 
そして、彼氏は
前みたいな優しい人に戻ってくれたし
いろんな話をできるようになった。
 
お洋服の話
ご飯の話
お互いの趣味の話
ニュースについて語り合う
 
話している時間が
楽しい時間に変わった。
 
あとは、離れていても
不安になることがなくなって
かなり良い循環が生まれた。
 
お互いが頑張りあえる
関係性を作ることができた。
 
 
刻は巡りー
 
皆から恋愛相談を受けるまでになった。
なんでそんなに彼氏とうまくいくの?
えのきのカップルみたいになりたい!
 
とかそんなこといってくれる
奴になっていた。
 
さらに、
どうしたらもっと自分に自信を持てるの?
というような相談もされるまでに。
 
人はどうなるかわからない。
 
だって数年前は
ただのオタクなポンコツ女だったんだよ?
 
それが今では
相談される側になるし
アドバイスを求められる人間になってる。
 
おしゃれだよねっていってくれる人も
増えた。
 
 
人は努力次第でどんな風にも
化けることができるのだ。
 

未知の世界は誰でも怖い、でもそれは“知らない”だけ

私は、付き合っていた彼氏の一言で
今の自分がいると思っています。

もちろん言われた時はショックでした。
でも、自分がどんな状態であるか
客観的に考えることができました。

自分を見つめ直すことができたんです。

私はそもそも
恋愛経験が0に等しく
趣味に時間とお金をかけて
過ごしていました。

だから男と恋愛するなんて未知数すぎて怖い
デートなんてそもそも何を着ていけばいいのか?
何を話したら喜ばれるのか?
楽しく会話が続くのか?

まあでも、私には恋愛とかできないかな…
と諦めるというサイクルを繰り返していました。

ですが、恋愛に限らず
新しい世界は怖いものです。
仕事もプライベートもなんでも
自分が知らない世界は皆最初怖がります。

それは「知らないから」です。

だからまずは知ることから始めるのがオススメです。

 

私も最初は
大学にいる「女子大生」は何を頑張っているのか?という部分を知ることから始めました。

今は情報は調べたらいくらでも出てきます。
メイクやファッションは参考になる動画や記事で溢れています。

そして実践して、できるようになると
案外楽しくなってきます♪

なのでまずは知ることが大切なんです。
ネットでも本でもなんでもいいです。

新しい世界を知りましょう。

その上で
自分に足りないものを補っていけばいいんです。
全部を一気に直す必要はありません。

女を磨くなら
まずは言葉遣い気をつけようとか
そんな感じでOK

それだけでも
何もしなかった0の地点からは進んでいますからね。

経験値が低いままで
なんとかしようとすると痛い目を見ますが
そうでなければ少しずつ積み重ねて
自分の力を蓄えていきましょう。

ビジネスも恋愛も
人間関係も全部一緒です。

ですがもし、
今自分が何をしていいかわからないという人は
いつでも相談してくださいね。

一緒に今何をするべきなのか考えましょう。

 
ということで、今回は誰でも行動と実践をしていけば結果が出るよというお話でした。
 
 
ありがとうございました。
 
 
ーーーーーーーーーーー
 
PS.今回の物語は私の思い出したくない過去であり忘れなくない過去の出来事のお話でした。
当時は本当にひどかったので
家族からも疎ましく思われてました。笑
 
 
でも、最近なって
あの時悔しい思いをして
女になるための勉強しておいてよかったなと思うようになりました。
 
メイクとかは本を読んでめっちゃ勉強しましたね笑
懐かしいです。今でもその本はバイブル並みの扱いなので私の本棚に常設されています。
恋愛の本も自分に自信をくれたり、
新しい学びをくれて本当に変われてよかったなと
常々思っています。
 
いくつかオススメの本載せておきますね。
他にもあるので、その時は聞いてくれると嬉しいです!
 
よかったら恋愛の世界観を覗いて見てください。
 
 
 
 
 
ではまた♪